2015年08月30日

秋の兆し

L1030253_edited-1.jpg
色変わりしだしたショウロウクサギの葉っぱ
L1030260_edited-1.jpg
穂が出だしたススキ
L1030269_edited-1.jpg
カツラも数枚が黄色く
朝から霧雨のような雨が時折降るなか、秋の兆しを探しに府立植物園に行って来た。
いつものように北門から入ると人影まばらでしっとりした日本の森から歩くとトサミズキは元気に茂り通路にはみ出し、出たばかりのススキの株下にはナンバンキセルが今年も咲いていた。
木々は緑が浅くなって来ているものも有り、カツラも数枚の葉っぱが黄色くなって、季節は確実に秋に移ろって行くようすが感じられた。
Leica-Typ112

posted by かじのこういち at 16:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

ポジフィルム整理

L1030250_edited-1.jpg

8月も終わりに近づき朝夕は過ごしやすくなってきたが、昼間は動くと残暑が応える。
しばらく秋雨前線の停滞ですっきりしない天気が続くような予報なので多少涼しくなるのを期待しているがどうなることか、、、
今日は朝から展覧会の額入れを済ませ、フィルムカメラにモノクロを入れ近郊をぶらり撮影に出掛けようと考えていたが雲行き悪いので、ライトテーブルに向かいフィルム整理を行った。
過去に撮影に行った時のことを思い出しながら、ポジフィルムをルーペで覗く作業は楽しく、あっという間に時間が過ぎた。
再訪したいところも多くあり、行きたい所を書き出し、先ずは来月後半、少し高度のある山を見に行きたいと思っているがこれも天候次第どうなることか、、、

posted by かじのこういち at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

LEICA-M4-P

L1030246_edited-1.jpg
今年の春1周年を迎えたライカ京都店の記念レセプションが桜咲く4月3日に行われた。
1981年に買った少し歳とったM4-Pのレンジファインダー内に曇りが生じ、逆光でピント合わせがしにくいのと1度もオーバーホールに出してないので、その日に修理・点検をお願いに持って行った。
その後2週間程で連絡を貰い、シャッタースピードやシャッター幕にも問題があるのでドイツ本国に送ってオーバーホールと必要部品の交換等を行った方が良いとのこと、長く使っているので当然不具合箇所はあると思っていたのでこの機会に若返りを依頼した。
それがやっと出来上がってきたので、今日、ライカ京都店に引き取りに行った。
なんと4か月を要したわけである。
ファインダーも美しくなり、各操作感も滑らかで、シャッター音も静かになり、長期間ドイツに里帰りしていたが、随分若返って戻ってきた。
早々に2階ギャラリーにて、持参したILFORD-DELTA400のB/WフィルムをM4Pに装填しZUMMILUX-35mm-f1.4を付け、祗園界隈を散歩撮影、帰りに欲張り、岡崎の京都市美術館で行われているルーブル美術館展も観賞し戻ってきた。
大好きなカメラが若返り手元に戻り、美術鑑賞も出来、自分も気持ち若返って、秋に向け、このM4Pと共に素晴らしい出会いを求め、いろいろなところに出掛けたいと願っている。



posted by かじのこういち at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

鞍馬街道

L1030216_edited-1.jpg
今日は湿度高く暑く人出も少ない鞍馬街道
L1030212_edited-1.jpg
街道の民家玄関わきの灯ろう
L1030231_edited-1.jpg
鞍馬寺階段下の茶店内部

朝はすっきりしない天候で午前9時過ぎの鞍馬は雲が多く、時雨れたりもしていたが、10時からの女性限定クラスが始まると雲行き変わり、青空となってきた。
しかし湿度高く、日向を歩くと汗が噴き出るが、皆さん熱心に好みの被写体にカメラを向けて撮影、1時間少々撮影したところで水分補給と休憩のため鞍馬寺石段下の茶店にて一休み、その後、鞍馬名物、木の芽佃煮などを求めて解散となった。
暑い時期、頑張りすぎ熱中症などになるといけないので適宜休憩をとりながらゆったりと撮影会を行うように心掛けている。
LEICA-Typ112
posted by かじのこういち at 17:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

年数を経たもの

L1030172_edited-1.jpg
フォコマート・TCに張られたプレート
L1030171_edited-1.jpg
サンダース・イーゼル
L1030163_edited-1.jpg
京都三条文化博物館の扉
L1030165_edited-1.jpg
三条通りの横断歩道のペンキ

なんでも新品の良さもあれば、使い古した味のあるものある。
自分のまわりにあまり新品のものはないが、年数を経た馴染みのものはかなりある。
暗室のなかに眼を瞑っていてもそっと触れば操作可能なもの、たとえばイーゼル(引き伸ばし機の台上に置き印画紙を平らに保つ器具)これなどは40年近く使っている。
引き伸ばし機も同じ年数使っているが、今も現役である。
一方、街をぶらり散歩していても、ちょっと使用感のあるものに目が向くようになり、先日の三条界隈散歩でも何気ないものにシャッターを押して一人満足したのであった。

LEICA-Typ112
posted by かじのこういち at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

路上観察

L1030161_edited-2.jpg
イノダ珈琲三条堺町店
L1030159_edited-2.jpg
三条通り

ラボからのプリントチェックや予定していた所要が昼過ぎに終わったので、久々に三条堺町のイノダ珈琲に行き、窓側の席に座って、珈琲を飲みながら、しばらく三条通りを眺め、その後三条界隈を散歩してきた。
降りそうで降らない天候で急いで歩くと暑いので、ゆっくりウインドウをのぞいたり、路上観察を楽しんで来た。

LEICA-Typ112
posted by かじのこういち at 17:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

コップ一杯の水

P8160009_edited-1.jpg
滞在した沖縄のホテル売店にて購入したお気に入りのコップ

パソコンを前に情報を得たり、古くなり、まず使わないであろう写真を整理するなど、盆休みなので出掛けず、同じ姿勢で長時間椅子に座っていると背中や腰が固くなるので、90分から120分に一回アトリエのデッキに出てコップ一杯の水を、空を見上げて飲むことにしている。
大学の講義も90分、NHKも120分、撮影に出ても2時間歩けば必ず休む、どうやら休憩なしに一つの作業や仕事を続けて行うのは、今の自分にとってこの時間が限界のようである。
また、このサイクルで動くとストレス感じることなく気持ち良く過ごせる。
まあだからと云って2時間走ったりすることは出来ないが、車の運転なら続けて2時間、これを1日3サイクル、つまり6~7時間は出来る。
若い頃は平気で連続して6時間以上運転したことも常であったが、依る歳波には逆らわず、なにごとも無理することなく、体力、精神力、判断力に応じた動きを心得ねばと思っている。

カメラはOMD‐EM1・レンズ60oマクロf2.8


posted by かじのこういち at 16:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする