2015年09月09日

カレンダーセレクト

PB290059_edited-1.jpg
このところパソコンに向かう時間が長いので僕の椅子の横で付き添ってくれている相棒

今日は朝から2016年版卓上カレンダーの画像セレクトを行った。
主にこの一年間、日本の各地で撮影した作品の中から、いきなり12枚を選ぶのは不可能なので、先ずは各月10枚程、総数、約120枚を選んだあと、全体の構成を考えながら不向きなものを外すのであるが、それぞれ撮影現場にて思い出ある作品なので難儀するが楽しい仕事である。
あれこれと思案のあげく各月3枚、計36枚の中から入稿締め切り日まで、数日かけて最終12枚を構成するが、毎年この時期の大きな仕事となる。
今年は天候不順なので気に入った音楽など聴きながら、時々相棒リーフ君と休憩を入れながらの作業となる。
とにかく先ほど46枚の作品を選んだところでほっと一息いれられたところである。
2〜3日、間を空けて見直すと12枚に近付くと思っているがはたしてどうなるか、、、



posted by かじのこういち at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

豪雨情報

L1030276_edited-1.jpg
近頃頻繁に壕雨情報が
L1030277_edited-1.jpg
モノクロ現像に使う薬液

金、土曜日と二日間太陽が出たが、本日はまた朝から怪しい空模様のあと雨が降り、これからもしばらくすっきりしない天気が続くような予報である。
残暑が長引くのも好きではないが、今年のように雨の多いのも困ったものである。
先ほどもスマホに豪雨情報が入って来たか思うと数分で雨音激しくなり、相棒リーフ君のため息が、、、ワンちゃんも雨が嫌いである。
今日は朝から野外で撮影のつもりであったが、昨夕の天気予報で中止になったので京都駅近くの量販店に暗室で使う材料を仕入れに行って来た。
駅周辺は外国人を含め多くの人出があったが必要なものを求め戻ってきた。
週明けも屋外での撮影が入っているが天候が気になるところである。

posted by かじのこういち at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

洛北鞍馬

P9030007_edited-1.jpg
鞍馬寺山門
P9030004_edited-1.jpg
山門横のサルスベリ
P9030003_edited-1.jpg
栗の実が日毎大きくなってきた
今にも降り出しそうな曇り空のなか散歩クラスの方々と鞍馬へ行って来た。
街道脇の畑では栗や柿が大きくなり、すっかり夏から秋の兆しが漂っていた。
地元の人と来月、行われる火祭の歴史や集落の慣わしなどの話を聞かせてもらい、近くであるにも拘らず、知らないこと多くあり、改めて街道の町並みを撮ることに興味倍増した。
カメラ・オリンパスOMD-EM1




posted by かじのこういち at 15:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

写真展・御案内


楽しいデジタルカメラ

会場:NHK文化センター京都教室3階ロビー
   下京区四条柳馬場西入四条SETビル3F

会期:9月3日(水)〜9月8日(火)

時間:月〜金9:30〜19:00
   土曜日9:30〜18:00
   日曜日9:30〜16:30
お近くにお出かけの折は是非ご高覧ください。

posted by かじのこういち at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日から9月

L1030270_edited-1.jpg
京都府立植物園のカツラの木
秋雨前線の停滞で関東では肌寒い日が続いているようで、京都でもクマゼミやツクツクボウシの鳴く声も力弱く、いよいよ秋の兆しも感じられるようになって来た。
夜には虫の音が盛んに聞かれ、毎年この時期になると虫の声に秋撮影の準備を促されているように感じる。
四季を通じ自分の一番好きな秋が来ると思うと心も逸る。
紅葉と云っても同じ種類の樹木でも、皆それぞれに発色が違い、また場所によっても変化が有り、同じ場所に行っても毎年同じかと云うとそうではなく、今年はどんな色で迎えてくれるかと思うとワクワクしてくる。
特に赤い色はデジタルカメラの設定によって大きく変化するので、現場で自身が感じた色を再現するのが難しいように思う。
勿論フィルムも種類によって再現は変わるが、僕の場合どうもデジタルの赤は気を使って色んな設定を試みても納得のいく表現にはまだ遠いようである。
依頼仕事は殆どデジタルになったが、ぶらりと気ままに出る時はまだフィルムカメラにみれん多く、離しがたく持ちだしている。

posted by かじのこういち at 09:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする