2016年01月31日

速くも2016年1月が過ぎ

L1040187_edited-1.jpg
マルチーヌフランク写真展会場
L1040203_edited-1.jpg
2008年に求めた写真集

今日は久しぶりのオフなので祗園四条で行われているアンリカルチェブレッソンの奥さんであるマルチーヌフランクの写真展に行って来た。
2008年も見に行っているので2回目だが、何度見ても優しく穏やかな作品は見たあと気分が落ち着き、まさにオフを過ごすには最高の時間である。
8年前初めてこの写真家の展覧会を見た時、作家存命であったが、2013年に他界となり、ブレッソンの傍に行かれたのであるが、ブレッソン亡きあと、マルチーヌの大きな力によりブレッソン財団がパリに出来たのは素晴らしいことである。
2016年1月、最後の日にじっくり時間を掛けてマルチーヌフランクのモノクロ作品を鑑賞、良い時間が持てたことを喜んでいる。

posted by かじのこういち at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする