2017年04月04日

Leica-IIIf

P4040022_edited-1.jpg
1950年製造ライカIIIf
製造後67年の時を経たフィルムカメラであるが現役で使用している。
僕の手に入ったのは30年前で、製造国ドイツからアメリカに渡った個体で美しく、使用感もなくニューヨークからやってきた。
入手後直ちにオーバーホールをしてもらい30年間故障することなく使っている。
この時代のカメラは電子部品は使われず、全て機械でシャッターも機械式時計で動作している。
毎日使っているわけではなく、時々モノクロフィルムを入れ撮影に使っているが大きくもなく、軽く何よりも感触がすこぶる良く手に馴染むところが好きである。
30年間,時を共にしてきた3f、感謝と同時にこれからも末長くよろしくお願いしますと願っている。
posted by かじのこういち at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする