2006年10月07日

北海道・大雪山と十勝岳

061007tokachidake.jpg

日本では早くに紅葉が訪れる大雪山系の撮影に単独行にて出掛けた。
旭川市東川町より先ずは旭岳を目指す。
やや曇り空ではあるが快適なドライブである。逸る気持ちを押え慎重に車を旭岳温泉へと進める、高度が上がるにつれて雑木の色が黄色くなってくるが太陽は雲間から顔を出してくれない、所々に点在するナナカマドも赤くは見えない。旭岳ロープウェイ下の公営駐車場に車を止めて山頂を望むがガスで確認できない。
周辺の樹木観察散策を試みる。
雑木は紅葉しているが目が覚めるような状態ではない。
今日は曇り空なのでロケハンと足慣らしに徹することにする。
コンパクトデジカメで身軽に動く、一年ぶりに秋のにおいを感じながらの山歩きは実に楽しい。
歩きながらふと3月に訪れた十勝岳が見たくなり駐車場に戻り十勝岳温泉方面に向かうことにする。
約1時間のドライブで空も明るくなって来て十勝岳温泉に到着、太陽も出て斜光に眩しいナナカマドの赤が映える。
久々の美しい紅葉に身動きできない状態で感動に浸る。
ロケハンのつもりが急きょ撮影モードに切り替えだが、しばし見とれる。
こんな時慌てることは禁物であるのは承知のつもりがやや慌ている。
「落ち着いて」と自分に言い聞かせフィルムを装填する。
そして静かにまず1枚シャッターを押す。
「ワクワクドキドキ」巻き上げる右手親指に力が入る。
そしてもう1枚、もう1枚とカウンターが廻る。
あっと言う間に37枚フィルムチェンジである。
巻き戻しレバーを静かにまわし、ひと呼吸して第2ラウンドの始まり、実に楽しい時間である。
夕方の太陽も猛烈な勢いで僕を応援してくれた。
今日も感謝の一日が程なく終わる。
  明日もまたと太陽に祈る

posted by かじのこういち at 23:46| Comment(8) | TrackBack(0) | フィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠くまでお出かけだったのですね。お疲れさまです〜

しかし、この朝焼け?夕焼け?・・・なんとも雄大で、美しい景色だこと。
ホレボレします・・・
空がまた格別に澄み切っているのは、この季節ゆえでしょうか。
ホントに、心洗われる一枚です。
Posted by 107 at 2006年10月08日 00:13
107さん
コメント有難うございます
夕焼けの十勝岳です。
僕にとっても近年まれに見る美しいひと時でした。
Posted by kajino-koichi at 2006年10月08日 00:32
暑さの厳しかった夏が終わり、いよいよ日本中が乾いた空気に包まれ秋が深まってきましたね。日中の日差しも柔らかくなり、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、写欲も増す季節の到来です。十勝岳の紅葉、本当に綺麗ですねえ。でも少しでも東北に住んだことのある者としては、美しく壮大な紅葉の裏側にある長い冬への備えに慌ただしい秋の日を思わずにはおれませんが...。今日も爽やかないいお天気でまさに『天高く馬肥ゆる秋』です。神様たちも誘い合ってお出かけでしょうね。
Posted by petit fromage at 2006年10月09日 11:00
P/Fさん
コメントありがとう
朝晩の寒暖の差が大きくなってきましたね。
関西の山の木々達の紅葉も期待できそうです。

Posted by かじのこういち at 2006年10月09日 18:40
ほんっとに気持ちのいい写真ですね。
晴れ渡ってて、色が爽やかなようで艶やか!
ちゅーころも今週末、紅葉があるところまで遠出すべきだったかなぁ。むぅ。って悩んじゃいます。
Posted by ちゅーころ at 2006年10月10日 17:16
ちゅーさんころさん
コメント有難う。
まだまだ美しき日本の紅葉はこれからです。
本州の1000〜1500メートルの高度帯は10月25日前後が見ごろ撮りごろかも
Posted by かじのこういち at 2006年10月10日 17:57
はい、ちゅーです(笑)。
今回は、温泉を存分楽しんできま〜す。
天気も良さそうだし。カメラ、もちろん、持って行きますよ。但し、軽装です!
Posted by ちゅー at 2006年10月13日 20:13
ちゅーさん
温泉、いいなー天気も良さそうで露天風呂楽しんでねー
Posted by kajino-koichi at 2006年10月13日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25058380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック