2015年09月18日

答志島

P9170015_edited-1.jpg
荒れた海を眺め身内の無事帰航を待つ人たち
P9170052_edited-1.jpg
大量のサワラを持ち帰った漁船
P9170060_edited-1.jpg
帰港後早々にサワラを籠へ
P9170067_edited-1.jpg
港で待つ人に手渡しする船長(多くの船は一人で出港している)
P9170054_edited-1.jpg
漁港では整理に大忙し
P9170077_edited-1.jpg
帰航後一休みの船溜り
昨日は天候不順のなか予てより森の会で計画の三重県鳥羽沖合の答志島撮影会に同行して来た。
お陰で撮影中は大した雨も降らず、これから最盛期にはいるサワラの水揚げを和具漁港で見る事が出来、夜中に常滑沖まで出漁した小型漁船が午後、次々に帰港し、漁師の奥さん達が港で船を迎え、忙しくテキパキと一匹ずつ氷をつめた発砲スチロールに入れ込んでおらたれた。
大方2〜3Kgのものが多く近年ない大漁ということで港は漁業関係者で賑わっていた。
京都に居るとあまりサワラのお刺身を食したことが無く、もっぱら付け焼きや味噌漬けの焼き物が多いが昨日は撮影前の昼食に新鮮なサワラの刺身や伊勢エビ、蛸、サザエなど魚介を頂き満腹の消化に港町散歩撮影を楽しみ夕刻京都に帰って来た。  天候悪かったので僕はモノクロ主体に撮影してきた。
 
カメラはオリンパスOMD‐EM1・レンズ12mm〜40mmf2.8Pro


posted by かじのこういち at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426295739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック