2007年11月07日

但馬高原植物園

P1010138.jpg
6日和知の千年カツラ(FZ-18にて)

昨日はフォトステーション・ムツミの撮影ツアー総勢30名で大型バスにて但馬高原に行ってきた。
天気予報では雨と知らされていたが、途中、出石にて美味しいそば定食を食べ、
出石城下を散策撮影している時は小雨模様であったが、目的地、但馬高原植物園に到着する頃には雨も止み、
森を撮影するには絶好のコンディションになり、千年カツラに半年振りに出会い、落ち葉からは、甘いカツラ独特の香りが漂い、森の空気を胸一杯に吸い込み、京都市内より早い森の紅葉撮影を存分に楽しんだ。
撮影後、高原の天然水での珈琲を飲みながら、縁あっての同行の仲間と写真談義に花を咲かせられたことは、この上も無い幸せで、また一つ、我が人生に素敵な思い出が出来たことに感謝した。
それぞれ行く先で自然の状態が思うような紅葉で無くても、自分としては、その現場で木々や葉っぱ、また草むらの発する波動を全身で感じ、何かしら自分なりの表現が写真で出来ればと願うのである。
posted by かじのこういち at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 撮影ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カツラも長生きなんですね〜〜
思わず手を合わせたくなるような・・・
Posted by SHU at 2007年11月07日 15:09
SHUさん
有難うございます
ほんとそんな感じです。
毎年2〜3回会いに行ってます。
Posted by かじのこういち at 2007年11月07日 15:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65061067
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック