2017年04月11日

瀬戸内のサクラ

P4100069_edited-1.jpg
岡山県備前市山あいに咲く桜
P4100060_edited-1.jpg
兵庫県たつの市御津にて
P4090021_edited-1.jpg
岡山県日生町鹿久居島のサクラ
P4090008_edited-1.jpg
頭島漁港
P4100082_edited-1.jpg
牛窓町オリーブ園から前島と瀬戸内海を望む
P4100073_edited-1.jpg
オリーブと仲良く咲くサクラ
P4100085_edited-1.jpg
全行程543kmを共にした愛車
桜咲く時期であるが、このところスッキリしない天候が続く、週末から昨夜まで兵庫県西部から岡山県瀬戸内市・備前市のサクラを見に行ってきた。
山陽道の山あいに咲く桜は今年咲くのが少し遅かったので新緑の出た木々の間に浮かぶように咲き、山々に点在し競って咲くような姿を見ながらノンビリ春の山が笑っているように感じた。
桜と同時に山ではタムシバもあちらこちらで見られた。
穏やかな海岸べりではハマダイコンが風に揺れ春を告げていた。
カメラはOMD-EM1・MK2 レンズ25mm f1.2と40mm~150mmf2.8Pro

posted by かじのこういち at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

小雨降る京都府立植物園

P4070012.jpg
雨に咲くミズキ
P4070005.jpg
フタバアオイ
小雨降るなか「いいね!を撮ろう」クラスの方々と昨日に続き京都府立植物園に行ってきた。
日毎に,咲く春の花が増え,雨でも訪れる人多く、特に結婚式の前撮りのカップルも居られ婚礼衣装が濡れるのも構わずポーズをとって記念撮影をされていた。
春を迎えた木々も水をもらって喜んでいるように感じた。
カメラはオリンパスOMD-EM1・Mk2・レンズ25mmf1.2
posted by かじのこういち at 14:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

京都市内の桜~2

P4060045_edited-1.jpg
アマギヨシノ・京都府立植物園
P4060060_edited-1.jpg
シダレザクラ・京都府立植物園
P4060074_edited-1.jpg
ヤマザクラ・京都府立植物園
P4060080_edited-1.jpg
ルピナス・京都府立植物園
P4060089_edited-1.jpg
ベニシダレサクラ京都市北区にて
曇り空ではあるが午前の光が射すなか、NHK散歩クラスの実習に京都府立植物園へ行ってきた。
朝から多くの人が花見や記念撮影に訪れておられ、久々に賑やかな園内をミツマタやサンシユ・ミズキ・アーモンド・ルピナスそれにフタバアオイの花が咲き、桜も満開には至ってなかったが見頃を迎えた木もあり広葉樹の新芽も出て勢いのある春の植物の様子を見ることができた。
カメラはオリンパスOMD-EM1・レンズ25mmf1.2
posted by かじのこういち at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

京都市内の桜

L1020126_edited-2.jpg
京都市左京区松ヶ崎疏水沿いのソメイヨシノ
L1020142_edited-1.jpg
疏水沿いに咲くミモザ
L1020166_edited-1.jpg
蕾を貯えたソメイヨシノ
L1020175_edited-1.jpg
豪華に咲くソメイヨシノ
L1020207_edited-1.jpg
枝一杯に咲くソメイヨシノ
開花が遅れていたがようやく京都市内の桜も咲き出してきたので所用の帰りに毎年見に行く近場のソメイヨシノを見に行ってきた。
あいにく、どんよりした天候であったが花のアップを撮影するには光が回り気になる枝を探して50枚ほどシャッターを押してきた。
疏水沿いを歩くのに少し離れたところに車を置き、下鴨本通から東に歩き松ヶ崎浄水場で折り返し4km少し散策撮影してきた。その後上賀茂太田神社近くの太田の小道と鴨川堤防を見に行ったが桜は2分咲きほどであった。
昨日今日の暖かさでこれから京都市内の桜はかなり咲くと思うが天候が気になるところである。
カメラはLEICA-Typ114
posted by かじのこういち at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

Leica-IIIf

P4040022_edited-1.jpg
1950年製造ライカIIIf
製造後67年の時を経たフィルムカメラであるが現役で使用している。
僕の手に入ったのは30年前で、製造国ドイツからアメリカに渡った個体で美しく、使用感もなくニューヨークからやってきた。
入手後直ちにオーバーホールをしてもらい30年間故障することなく使っている。
この時代のカメラは電子部品は使われず、全て機械でシャッターも機械式時計で動作している。
毎日使っているわけではなく、時々モノクロフィルムを入れ撮影に使っているが大きくもなく、軽く何よりも感触がすこぶる良く手に馴染むところが好きである。
30年間,時を共にしてきた3f、感謝と同時にこれからも末長くよろしくお願いしますと願っている。
posted by かじのこういち at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする